久留米運送株式会社
会社概要   ご意見・ご質問等受付   HOME  
荷物を送りたい 各種のお問い合わせ 物流を改善したい 各店のご案内
HOME > 会社沿革
会社沿革

弊社は、前身の肥料飼料商万来屋商店が大正13年、肥料・飼料の運送に利用するため、自家用トラック4両を購入して輸送業務を開始し、昭和26年7月、資本金80万円をもって久留米市に一般区域貨物自動車運送事業として、久留米運送株式会社を設立しました。

創業期の写真
(後列左から2人目が創業者・二又茂登)
 
昭和28年 5月 一般路線貨物自動車運送事業の免許を取得。
昭和30年 8月 下関〜大阪間の免許を取得。
昭和38年 3月 東海道路線の免許取得。
東京、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸の6大都市と九州全域を直結する一大路線網を展開する。
昭和47年 9月 九州〜東北(矢板)間の路線免許を取得。
昭和52年 4月 コンピュータを導入し、輸送システムの開発・事務処理の能率向上を図る。
昭和56年 1月 宅配サービス「宅配便利便」を開発し、発売する。
昭和58年 6月 倉庫事業の免許を取得。
流通センター構想に先駆けて主要都市への事業拠点の整備を開始し、総合物流企業としての基礎を確立。
昭和59年 9月 全店オンライン網を確立。
昭和60年 6月 本社情報管理・運用部門を久留米情報システム株式会社として分離独立し、高度化する情報技術への対応と情報システムの研究開発を充実させる。
昭和61年 7月 翌朝の7時から10時までの時間指定配送サービス「サービスライナーセブン・テン」を開発し発売する。
平成 4年10月 全店にハンディターミナルを配備。タイムリーな情報提供により貨物追跡システムの品質を高め、お客様サービスの向上を図る。
平成 6年11月 お客様とのオンライン情報サービスとして、「レオ・カスタマーズ情報サービスシステム」を開発し、お客様の発送業務軽減のお手伝いや、オンラインによる種々の情報提供を行いお客様よりご好評をいただく。
平成 9年 4月 本社企画部門を日本ロジスティックプランニング株式会社として分離独立し、サード・パーティー・ロジスティック事業への展開を強化する。
平成11年 8月 産業廃棄物収集運搬業の許可取得。資源循環型社会に適応した静脈物流事業を開始する。
平成13年 4月 家電リサイクル法施行に伴い、指定引取場所として業務を開始する。
平成13年 7月 創立50周年を迎える。
平成14年 2月 ハンディターミナルを一新し、車両から貨物追跡情報を送信するリアルタイム・システムを導入。
平成15年 1月 代金引換配達の「コレクトサービス」を開始。
平成16年 4月 医薬品専門輸送を開始する。
平成17年 1月 営業活動支援管理システム導入。
平成18年 7月 創立55周年を迎え記念事業。
平成18年 8月 ボックスチャータ鰍ノ資本参加し、ロールボックスの輸送「JITBOXチャータ便」の販売を開始。
平成20年 1月 久留米アルカディア事業所を開設し、日本赤十字社様の九州地区における血液輸送を開始。
平成22年 9月 福岡県久留米市の中学校給食の配送開始。
平成23年 7月 創立60周年を迎える。
平成23年12月 久留米アルカディア事業所にてISO9001の認証取得。
平成24年 9月 弊社、トナミホールディングス梶A第一貨物鰍フ3社合弁による「ジャパン・トランズ・ライン梶vを設立、業務を開始する。
平成26年 8月 本社運輸安全管理本部・久留米支店にてISO39001の認証取得。

〔ご挨拶〕 〔会社概要〕 〔会社沿革〕
会社概要   グループ会社   求人情報   安全への取り組み   環境・社会活動   国民保護業務計画   個人情報保護
Copryright(C)2010,KurumeTransportation Co.,Ltd All rights reserved